• 症状別治療について
  • スポーツ障害について
  • 交通事故治療について
  • 保険外治療について

院長の奮闘記BLOG

2011年5月 9日 月曜日

雑学

院長・久保ですbeer

今日は初夏を感じさせる気候でしたねsunsunsun

でも明日から二日間は雨の予報で気温も下がるみたいですsweat01

寒暖の差が大きいと体調を崩す原因になるのでご注意をsign03

昨夜、神経と筋肉の促通について書籍を読んでいたのですが

ちょっとした雑学を発見したので紹介しますeyeshineshineshine

ちょっとエッチな話題にはなりますが、実際に医師国家試験にも出題される問題です。

テーマは「性欲」です。

巷では「男は浮気する生物」だとか「女性は恋をすると食欲が落ちる

と言いますが、実は、ちゃんと生理学的に証明されています。

先ずは下の図をご覧下さい。


性欲を制御している中枢には性欲を生じさせる、

「セックスがしたい」と思わせる「性欲中枢=第1性欲中枢」と

実際に性行動を起こす「性行動中枢=第2性欲中枢」があります。

性欲中枢(第1性欲中枢)は男性も女性も視床下部の前方にある

内側視索前野にあり、その大きさは男性は女性の2倍から3倍もあるといわれています。

よって男性は浮気しやすい傾向にあると言われています。

一方、性行動中枢(第2性欲中枢)は直径1mm程度と非常に小さく

男性も女性も同じ大きさと言われていますが、位置が異なります。

男性の性行動中枢は背内側核にあるのに対し、女性は

満腹中枢が存在する腹内側核にあります。

女性が恋愛をすると腹内側核が刺激を受け、満腹中枢が興奮する。

その結果、食行動が抑制され食欲が落ちると言われています。

ちょっと専門的で難しい話になりましたが医療に携わる者にとっては

興味深く感じ、ちょっとした雑学にもなるかなぁと思いますhappy02



投稿者 若草整骨院

住所:福岡県大野城市若草3-11-21

診療時間
9:00~12:00
14:30~21:00

※土曜…9:00~15:00 / 休診日…日・祝日

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/31

ホームページを開設しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ