• 症状別治療について
  • スポーツ障害について
  • 交通事故治療について
  • 保険外治療について

院長の奮闘記BLOG

2011年11月25日 金曜日

週刊文春・・・衝撃!! ((+_+))

院長・久保ですcancer

今日、金曜日は私が整骨院の待合室に置いている

週刊誌bookを買いに行く日なんですが・・・。

いつもの様に朝、整骨院の診療前にセブンイレブンへ行きrun

「週刊現代」・週刊文春」・「女性自身」を買い、待合室に置きましたthink

 そして午前の診療が終わり、昼休みに入り週刊誌に一通り目eye

通したのですが・・・そこで衝撃の記事を目の当たりにしましたpunchpunchpunch

その記事がこちらですhappy01happy01happy01



真ん中の選手なんですが私が研修時代に筑紫高校ラグビー部に

メディカルでチームに帯同していた時の選手なんですsweat01sweat01sweat01

余談ではあるんですが、当時つばさ先生は筑紫高校ラグビー部に

所属しており、3年生でしたshineshineshine

彼はラガーマンでありながら身長152cm、体重52kgでとても小柄な選手でしたが、

ハートは他の部員よりも強く熱い選手だったと記憶しています。

ハートが強く熱い選手であるというエピソードを紹介しますhappy02good

 2006年の高校ラグビー選手権大会福岡県大会決勝戦で起きた事なんですが

当時、彼は高校2年生ながらレギュラーでした。決勝の相手は東福岡高校。

結果は東福岡高校に惜敗したのですが、試合終了10分前に彼は骨折していたのですcrying

しかも、鎖骨を骨折してましたcrying

私も当時は筑紫高校のベンチに座り、選手達の動きに注意を払い見ていました。

正直、彼のプレーが鈍っている事は分かっていましたが、体力的に一番消耗する

時間帯であったので、まさか骨折しているとは思いもせず・・・。

そのままノーサイドの笛が鳴り、花園出場の夢が潰え、涙にくれる筑紫の選手達。

審判に促され、表彰式へ。

そこで私は苦悶の表情を浮かべる彼の異変に気付きましたsweat01sweat01sweat01

表彰式の最中に彼を呼び、身体検査したところ、案の定鎖骨がポッキリ・・・。

「なぜ試合中に言わなかった?」と彼に聞くと彼は「3年生の最後の試合だったから・・・」

彼の根性というか、これが「筑紫魂」というものなのかsign03

・・・・・・あれから5年が経った今、彼は明治大学ラグビー部で不動のレギュラーの

座を勝ち取り、今やチビッ子ラガーマンの憧れの的となっていますshineshineshine

彼の名は「秦 一平」といいますgood

ぺぺsign03 今まで以上の活躍を期待してるぞgood

皆様も、もしテレビでラグビーを見る機会がありましたら、明治大学の

背番号9番に熱い声援を送ってあげて下さいheart04heart04heart04




投稿者 若草整骨院

住所:福岡県大野城市若草3-11-21

診療時間
9:00~12:00
14:30~21:00

※土曜…9:00~15:00 / 休診日…日・祝日

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/31

ホームページを開設しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ