• 症状別治療について
  • スポーツ障害について
  • 交通事故治療について
  • 保険外治療について

院長の奮闘記BLOG

2012年1月23日 月曜日

ダイエットと睡眠の関係

院長・久保ですscissors

明日から3日間、天気予報は雪snowsnowsnowになっています。

 若草整骨院ではスタッフ3人で10日ほど前から筋トレを始めましたimpact

私は正月の不摂生もあってか体重が70kgに突入しましたsweat02sweat02sweat02

非常に焦りました。このままでは・・・coldsweats02

筋トレをストイックに行った結果・・・腹筋の肉離れを発症する始末crying

症状は軽いので安心しています。

今年で35歳になるので20歳代のつばさ先生と同じ筋トレメニューを行うのは今の段階では

正直、キツイですbearing

なので、睡眠を利用した減量作戦を始めましたscissors

 実はダイエットと睡眠は非常に密接な関係がありますconfident

睡眠時間に長短によって体内に分泌される食欲に関するホルモンの分泌量が違ってくるからです。

みなさんはレプチングレリンというホルモンを聞いたことはありますかsign02

この2種類のホルモンはダイエットする際、非常に重要です。

レプチン=満腹ホルモンとよばれ食欲を抑制します。

グレリン=食欲ホルモンとよばれ食欲を増進させます。

先ずは簡単なチェックテストです。

Q1. 目の前に美味しそうなものがあると、つい食べてしまう。
Q2. いい匂いがすると食べたくなる。
Q3. お菓子などは袋を開けると最後まで食べてしまう。
Q4. 安売りがあると、つい買い過ぎて食べてしまう。
Q5. バイキングや立食パーティーではつい食べ過ぎてしまう。

以上の質問のなかで1つでも思い当たる項目があれば要注意ですsign03sign03

ちなみに私は3つ該当しましたcoldsweats01

以上の質問で1個でも該当する項目がある方は体内でグレリンレプチンとなっています。

この状態では"お腹が空いたから食べる"というより目の前の食べ物の匂い、

見た目などの刺激に気持がそそられ、つい食べてしまう傾向にあるのです。

こうした人は夜間も無自覚なまま食べ過ぎてしまい結果的に脂肪をため込んでしまいます。

 では体内をレプチン=満腹ホルモン」>「グレリン=食欲ホルモン」にするにはどうするか?

ズバリ、睡眠です。

睡眠の基準を7時間とした場合、平均6時間しか取らない人の肥満率は7時間の人と

比べて23%アップ。5時間だと50%、4時間だと73%にそれぞれ跳ね上がるという研究結果もあります。


ダイエットを始めようかなぁと考えていらっしゃる方は睡眠をとって下さいね。


投稿者 若草整骨院

住所:福岡県大野城市若草3-11-21

診療時間
9:00~12:00
14:30~21:00

※土曜…9:00~15:00 / 休診日…日・祝日

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/31

ホームページを開設しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ