• 症状別治療について
  • スポーツ障害について
  • 交通事故治療について
  • 保険外治療について

院長の奮闘記BLOG

2012年1月27日 金曜日

ランニングの効果・・・( ..)φメモメモ

院長・久保ですhappy02

ダイエットを開始してから2週間程経過しましたdashdashdash

体重はというと・・・・・・変化なしimpactimpactimpact

しかし悲観する必要なしpunchpunchpunchupupup

 ストイックな筋トレの成果もあって、身体は締まってきて、

腕回り、胸周りが大きくなり筋肉量が増えてきましたgoodgoodgood

あとは来月まで筋トレをメインに行い、

3月頃からランニングなどの有酸素運動を取りいれていけば

体重は必然的に落ちていくハズeyeshineshineshine

 ・・・sign03。ランニングで思い出したのですが、ランニングって

体脂肪が落ちたり、スタミナがつく事は一般的に知られていますが、

実は、とっておきの効果があるんです。

それは・・・脳が活性化されるんですup

この事実はあまり知られていないんですが、身近に実感できます。

 たとえば、今は受験のシーズンですよねぇ。

受験生でよく、こんな話を聞いたことがありませんかsign02sign02sign02

「あの子は部活を引退してから急激に成績が伸びたsign03」とか

「あの子はスポーツしていたから集中力が凄いsign03」だとか・・・。

全てが運動(ランニング)をしていたから、このケースに当てはまるというワケではないのですが・・・。

これから書くことを読んで頂ければ納得してもらえると思いますthink

 京都大学名誉教授・脳科学者の久保田先生は次のような事をおっしゃっていますthinkthinkthink

それは歩いているときと、適度なスピードで走っているときでは活性化される脳の部位が異なるということです。

時速3Kmで歩いているときは脳の"運動野"が活性化
時速5Kmで歩いているときは脳の"運動前野"が活性化
時速9Kmで走っているときは脳の"前頭前野"が活性化

ここで重要なのが脳の前頭前野という部位です。

この部位は"脳の最高次の中枢"といわれており、「思考」を司りますeye

「考える」「計画する」「決断する」「推理する」といった行動はこの部分で

行われ、前頭前野で行動が決定されると、その情報は運動野、運動前野へ伝達されます。

運動野は運動のスピードと力の強さを司り、

運動前野は手足の器用さと動きの俊敏さを司ります。

 余談ではありますが漫画「北斗の拳」のケンシロウは脳科学的に分析すると

この運動野と運動前野がかなり発達していると推測されますpunchpunchpunchimpactimpactimpact

 
 話が逸れました・・・sweat01sweat01sweat01

図指します。

上の図がそれぞれのペースで歩いたり走ったりした際に脳のどこが

活性化されているのかを示した図です。

図の様に前頭前野を活性化させるためにはウォーキングだけでは不十分なんですweepsweat02

歩くことで運動野と運動前野が活性化し運動能力は高まりますが、

肝心の司令塔(前頭前野)は活性化しないので、思うようなパフォーマンスが

なかなかできませんshockshockshock。ランニングにより多くの酸素を取り込み、脳内の血液の

循環をよくする必要があります。脳が活性化するとということは

そこを流れる血液の量が増えることになり、ランニングを続けるうちに

その部分の脳細胞が活性化され、脳細胞同士をつなぐ神経細胞が強化されますgood

これによって、思考能力が高くなるという仕組みですeyeflairflairflair

 ランニングって素晴らしいですねぇrunrunrun

ランニングが億劫になってきている人は「ランニングは脳も活性化する

ということを知れば、きっと楽しくランニングを続けらるハズですheart04heart04heart04



投稿者 若草整骨院

住所:福岡県大野城市若草3-11-21

診療時間
9:00~12:00
14:30~21:00

※土曜…9:00~15:00 / 休診日…日・祝日

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/31

ホームページを開設しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ