• 症状別治療について
  • スポーツ障害について
  • 交通事故治療について
  • 保険外治療について

院長の奮闘記BLOG

2012年2月 8日 水曜日

投球動作

院長・久保ですsnowsnowsnow

今日と明日は九州北部にも寒波が到来し、雪が降るみたいですねぇbearing

 今回は先日、ソフトバンクホークスのトレーナーを講師に迎えて行われた

事について書こうと思います。

野球少年には必見ですeyeshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine


 テーマは投球動作です。

投球動作に必要な動きを考えた時に重要な事は投球動作というものは

2つの動きをベースに成立しているということです。

その2つとは並進運動」と「回転運動です。

先ずは並進運動です。


簡単に説明するとピッチャーが投球動作の際にホームベース方向に体重移動する力の
移行の事を言います。

次に回転運動です。


回転運動はピッチャーの胸元に注目して下さい。

ピッチャーの胸は投球動作が進むにつれてホームベース方向に向いて(回転)いきます。

プロ野球選手とアマチュア選手の投球動作において決定的な違いは

この並進運動と言われています。

アマチュア選手は指導においても回転運動だけが強調され並進運動が軽視されやすいのですbearingsweat01sweat01sweat01

回転運動で並進運動を補おうとする余り、肩・肘に負担が掛かり、故障が発生しますwobblywobblywobblydown

並進運動を回転運動に変換させることが投球動作の第1歩なのです。

「肩の開きが・・・」、「肘を高く上げて!」、「腕を振れ!」などという指導は

先ずはこの並進運動から回転運動が体得できてからの方が本来は良いでしょうgood

ちょっと長くなりそうなので今日はこの辺で失礼しますcoldsweats01

次回は投球フォーム相に触れながら続きを書きますthink

ちなみに、この並進運動と回転運動はゴルフgolfにも応用できるんです。



投稿者 若草整骨院

住所:福岡県大野城市若草3-11-21

診療時間
9:00~12:00
14:30~21:00

※土曜…9:00~15:00 / 休診日…日・祝日

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/31

ホームページを開設しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ